そんな気がす

私のお尻奮闘記〜疑惑から手術まで〜

私は締め切りにならないと何事を始められないタイプの人間なのですが、ついにそのぐうたらな性格が体にも悪影響を及ぼしてしまいました。

 

もしかしたら、もしかしたら、と思いつつも面倒くさいから。と気にしないで来た数年間。

ついに行ってきました。

『肛門科』

ええ、「痔」です。いや、「痔」かも、しれないという疑惑があったのです。

 

なんとなーくお尻に違和感を感じることはあっても、でもまあ普通に生活できてるしなぁ…イケるっしょ‼︎と舐めていました。

しかし、VIO脱毛で行ったブラジリアンワックスのお姉さんに「これ、いずれ来ますよ…」と忠告されたり、突然便器に血が付いていたりと、私の疑惑は徐々に〈もしかしたらこれはマジモンなのかもしれないッ…〉と焦りに変わってきました。

〈もしかしたらのもしかしたら私は世に言う『痔』なのかもしれない、いやないだろうけど!なんたってまだ22やし!辛いものもお酒も大好きだけど!まだ22やし!違和感覚えてからもう何年経ってるか忘れたけどまだ22やし!トイレに籠もりがちだけど!22やし!ゾロ目だし!〉

 

でも30になっても同じ疑惑と不安を抱えるのは嫌だし頑張って病院に行ってみるか、ネタになるし。と意を決した。

とりあえず近所の肛門科を探してみる。

「肛門科 横浜」で検索をかけると(本当は‘女医’もキーワードに入れたかったがなかなか女医さんはいなかった。)2駅先に全国から患者さんが来るという超有名病院があるが激混みらしいので、1つ隣の駅の普通の病院に行ってみた。何時間も待たされるのは嫌だ。

 

カルテを渡される

症状に丸をしてください。と。

 

[出血  腫れ  痛み  痔 その他]

 

疑惑の段階で丸をつけるのは悔しいので痔に丸をして小さく「かもしれない」と書いた。

私にはこういうところがある。

 

空いていたのでカルテを受付に返すとすぐに呼ばれた。

最近の混んでいる病院は平気で1時間待ちなのでありがたい。

 

先生は普通のおじさんだった。

普通のおじさんと聞いて思い浮かべるおじさん。いやもはや特徴も特にないのでうまく思い浮かべることのできないようなそんなおじさん。トヨエツ風のイケメンじゃなくてよかったと安堵する。初対面のトヨエツになんの躊躇もなくケツ見せられるほど私も女を捨てていない。

いやでもいくら普通のおじさんでもさすがにお尻を見られるのは嫌だなぁ〜だってまだ22やし!そんな簡単にお尻は見せませんよ!恥ずかしいですよ!まだ22やし!少しは緊張といてからにしてくださいね!先生!なんて思ってたら横にされお尻に指突っ込まれてた。さよなら何も知らなかった時の私のお尻ちゃん。君はもう新しい扉を開けてしまったね。

 

私の緊張をよそに先生に触診され「あ、これですね。」と一発で“ブツ”を当てられた。

すごいですね触っただけで分かるんですね。箱の中身はなんだろな、ならぬケツのブツはどこだろな。

触診を終え、モニターで自分のブツ(ブツというのは嫌なので今後はポコちゃんと呼ぶことにする。)を見させてもらうが、グロ画像が苦手なのであまり直視できなかった。そしてよくわからなかった。

 

「これねぇ、痔じゃないね。昔痔があってそれが自力で治って少しポリープとしたら残っちゃってるね。手術だね。」

 

は?自力で?自力で治ってる?しかも昔?え?

 

先生によると(昔気づかないうちに)痔になっていてそれがまあなんでか治ったけどまだ大きさはあるから外に出たがっている。そうな。

 

「はぁ…私は今後このポコちゃんをどうすればいいのでしょうか?」

「手術で切るしかないね。ほっといても別にいいけど。まあ考えてみてください。」

 

えええええええ

えええ

えええええ

えええええええええええええ

 

てっきりお薬とか注射とかで治ると思ってたのに…

手術とな…

私座り仕事できなくなるの?ドーナツクッション持ち歩くの?

 

次回!!!しこたま、ケツの悩みとケツ別できるか!?なんちゃってー!満点大笑い〜〜〜( ◠‿◠ )

 

眠くなったからまた続き書く

 

 

 

女ふたり、福岡へ 2

前日?当日の0時まで働いて4時起床で福岡に向かった私。

いや海外旅行ですやん。

ケチって朝イチの航空券なんか取るもんじゃないですね。疲労と眠気で初日はイライラがピーク。

とりあえずストレスをお互いにぶつけて、もうこれは何もできないと言うことで早めに宿に向かおうと。

 

bbb haus スリービーハウス

天神駅からたしか40分くらいの筑前前原駅

翌日のフェスが糸島だったので前日入りでここにしました。

部屋数が5つしかない落ち着いたゲストハウスでした〜〜

 

f:id:charan_poran:20190914211745j:image

とにかく自然に囲まれていて静かでおしゃれで虫もいて(ゆりちゃんがバッタの写真アップで撮って見せてきたからキレた)都会の喧騒を離れるとはこのことだ〜〜という宿。

着いてまず一通りの施設説明をしてくれるんですけどハンモックやら、ラウンジやら、もう時間の流れが0.5倍速なのではと思う幸せ空間でした。

 

f:id:charan_poran:20190914213424j:image
f:id:charan_poran:20190914213418j:image

 

そして何よりディナーが最高でした。

ディナーとか普段絶対言わんけどここだけはディナーと言わずに何というというお食事だったのでディナーです。はい。

f:id:charan_poran:20190914212232j:image
f:id:charan_poran:20190914212221j:image
f:id:charan_poran:20190914212235j:image

これはワインだろうという事でボトルを入れました。もちろん赤です。

 

f:id:charan_poran:20190914212226j:image

 

↑デザートまでいった後ゆりちゃんがいよいよ眠いと言い先に部屋に帰ってしまったので一人で晩酌してた私の視界。

 

ちなみに翌日も自分が食べ終わった後先に部屋に帰ったからねあいつ。

ひどくない?そういうところだよね。本当そういうところだと思うよゆりちゃん。読んでるでしょ?そういうところだよお前の悪いところは。旅行の最初の晩飯で友達残して先に寝るかよ普通。

 

 

イライラ女二人旅もここでは最高の気分になれました。

美味い飯と美味い酒があれば戦争なんかなくなるんじゃないかと思うね。

 

素敵な宿で睡眠も得た女たち。疲労は回復するのかー?!ゆりちゃんは目当てのking gnuを目の前で見れる事が出来たのか!

 

つづく…多分

その女、奇天烈につき

今回の旅の友は言わずもがなウチらのリーダーゆりちゃんです。小学校からの友達で私たちは年に764回くらい喧嘩します。

f:id:charan_poran:20190912212843j:image

まあ、私の周りの人でゆりちゃんを知らない人もなかなかいないと思うんですけども、

これがもうイっちゃってる女なんですよ。

彼女の奇天烈エピソードを私がみんなに言いふらすもんだから最近はゆりちゃんから怒られることもあります。まあやめんけど。

f:id:charan_poran:20190912213310j:image

ゆりちゃんはいわゆる“かわいいホテル”が好きなので今回も“かわいいホテル”をチョイスしてくれました。

 

bbb haus スリービーハウス

f:id:charan_poran:20190912213818j:image
f:id:charan_poran:20190912213810j:image
f:id:charan_poran:20190912213805j:image

 

つづく…

 

 

女ふたり、福岡へ。

先週久し振りに福岡に行って参りました。

ゆりちゃんがKing gnu にハマり福岡サンセットライブに行きたいということで同行。

 

ケチって朝イチの飛行機をお互いとるも、私は前日に電車脱線の事故があり、もちろん始発の電車なんか動くはずもなくパニック、ゆりちゃんは普通に始発じゃ間に合わんということで梅田のカラオケオール。

睡眠時間2時間とかで博多についた頃にはお互い顔死んでました。 

 

f:id:charan_poran:20190912133007j:image

15分後に到着するゆりちゃんを待つ私の視界。寝不足と疲労でこれが何重にも見えた。

 

着いてもまだAM8時とかですからね。どこの店もやってないので空港で化粧して

(女の死んだ顔も化粧したら一応の顔にはなるのでその昔遊女たちが不健康な体にどうらんと紅を施して血色をごまかしていたという話を思い出す。)

とりあえず天神駅に向かう一行。

天神駅に行けばどうにかなるんじゃないかと思い、疲れの全てを天神に委ねる私たち。

 

f:id:charan_poran:20190912135926j:image

私は適当にモーニングを食べカロリー注入。

ゆりちゃんは爆睡。

 

そして駅地下ブラブラして最初の目的のパフェへ

f:id:charan_poran:20190912140106j:image

プリンスオブザフルーツ

なんともすごい名前…

 

f:id:charan_poran:20190912140240j:image

 

私はいちぢくのパフェ

ゆりちゃんはマンゴーのパフェ

 

美味しかった〜〜!!!!!!

もう生クリームだらけのパフェを食べられない年になったなぁとか思いつつやっぱり値段のはるスイーツってのは美味しいなぁと。

それにしても最近は果物の改良がすごくてどんどん甘くてゴージャスな品種が増えていますねぇ…。

 

その後もうこの疲れた体では何もできねぇということで糸島のホテルに直行。

そのホテルがまたすげーところだったわけ。

このホテルに泊まるためみたいな部分もあったのでそれは別に書きます。

 

つづく

 

f:id:charan_poran:20190912140936j:image

おまけ

パフェを待つ間ラーメンを見るゆりちゃん。

終わらない生理論争と草なぎ剛について

たまに

「女の生理痛は本当に大変なんだからね!!!!男は優しくしろよ!ナプキン代いくら払ってると思ってんだ!!!!!イライラするくらい許せよ!!!!男し○ね!!!ちん○こ殴るぞ!!!!!」

みたいなツイートを見かけますが少し生理について少し考えてみたいと思います。

 

まず、生まれて初めての生理ちゃんは突然きます。それが“いつどこでだれとなにをどのように”かは分かりません。突然きます。まじで。通知くらい欲しいなって思うし、初生理ちゃんが遅くても早くても大体の女子は不安に思うもんです。できるだけ多くの女子と同じタイミングがいいし、目立たない時期にソレがくることを祈るもんです。

今の性教育がどこまで進んでいるのか分からないものですがとりあえず「初潮=タブー」みたいな空気は年頃の女子の中にあるものです。おっぴろげる必要はありませんが腫れ物に触れるような空気は嫌ですね。特に周りの大人がそういう空気を作っていたのであれはいかんです。「うっわー私ついに噂に聞くめんどくさい体になってしまった。」と思ってしまうものです。まぁめんどくさいけど何も悪いことではないのです。

 

そして生理が安定してから始まるPMSと生理痛。これは一人一人によって症状が違うので一概には言えないのですがまぁ厄介ちゃぁ厄介。血を垂れ流しながら生活するのも嫌なのにそこにおまけなんか付いた暁にはもう漫画ちゃおのどうでもいい付録ですか?って。ちゃおの付録の消しゴムまじ消す能力ゼロですか?って。いい匂いなのはいいけど消えねぇんだアレ。紙がめっちゃ汚くなるだけ。ワロタ。私は何度あれで宅習ノートを真っ黒にしたことか。

PMSはやはり辛いもんですし、これに関してはなかなかお薬もないんですね。ホルモンバランスの乱れで情緒があじゃぱーになるものなので。残念ながら。婦人科とか精神科行かなきゃ行けないわけ。薬局行っても命の母クソ高いし。効かなかったし。生理がある事はまあいいとして。おいホルモンバランス何勝手に乱れてんだよ。保てよ。強く生きろよ。頼むよ。

 

そして生理痛ね。生理痛まじで辛い。辛いレベルも人それぞれだけど、自分は自分の生理痛しか知らないから甘えられないわけ。いや私より辛い人いるし。ってなっちゃうわけ。

そして痛いって思ってからじゃ遅いよね。もはや痛くなる前から薬飲まんと立ってられねぇ時あるもんね。ウコンの力かよ。飲む前に飲む。痛くなる前に飲む。いや酒飲むのはタイミングわかるけど生理痛はまーじーでタイミング!わからん!!!!知らせて!!!!!おい!!!!!!

高校生のとき、夜中に急に生理痛きて冷や汗止まんないし寝られねぇし薬ねぇし「っわーこれ詰んだ。私ここで死ぬんだ。あじゃぱー」ってなった時、でもどうにかしてこの痛みから逃れたいと思って『草なぎ剛が薬局で痛み止めを買ってきてくれる』という妄想をしてなんとか耐えたことがある。草なぎ剛のこと何も知らないのに急に 「草なぎ剛=優しそう=頼めば買ってきてくれそう」となって草なぎ剛召喚したよね。つよぽんありがとう。みんなもこれオススメだから使ってみて。草なぎ剛が薬買ってきてくれる事想像して。

あと湯たんぽ最強。あとホッカイロを腹という腹と腰という腰に貼りまくる。夏でも夜でもいつでも貼りまくる。あとお湯を飲む。薬も水で飲むな。お湯で飲め。絶対に冷たいもんなんか腹に入れんな。とにかく腹をあっためろ。腹だけブラジルのサマーカーニバルのテンションにするんだ。アツアツのホットサマーに仕上げろ。そして生理のことは1ミリも考えるな。楽しいこととか癒されるものを考えろ。草なぎ剛を考えろ。頭の中で草なぎ剛に薬局の痛み止めどれでもいいからとにかく早くて強く効くやつ買って来させろ。そしたらお前は大丈夫。

お前の勝ちだよブラザー。

 

f:id:charan_poran:20190831164059j:image

将来総理になって祝杯あげてみたい

人生でまあ無理だろうから諦めてるけどやってみたいことってあるじゃないですか。

その中の1つで優勝力士に祝杯を渡したいって言うのがあるわけなんだけど。

出来れば小泉純一郎になって『感動した!』って言いたい。めっちゃ上から目線で『感動した!』って言いたい。あんまり分かってないのに『感動した!』って言いたい。

だって20そこらの変な女がやっても全然絵になんないわけよ。

地位と金と名声を手に入れた男がやるから絵になるんだよな〜。

力士に祝杯渡してみてぇ〜。いいなぁ〜。

総理系YouTuberになったら

【神回】総理になって祝杯あげてみた【感動】【した!】

って企画やろっかな。

それかちびっこ相撲の優勝力士に『感動した!』って言ってプラスチックのメダルかけてあげようかな。

あと力士の嫁さんめっちゃ美人。

 

ミッドナイト•イン•パリ

中学生の頃は小学生に戻りたいし

高校生になったら中学生に戻りたい

大学生になったら高校生に戻りたい

と思ったことがある。

 

いつだって昔に憧れてあの時は良かったなぁなんて思う。

当時はそんなこと全く思ってなかったのに。

 

f:id:charan_poran:20190819013948j:image

 

ミッドナイトインパリ

2010年、作家の主人公が憧れて仕方ない1920年のパリにタイムスリップする。

1920年代のパリこそ黄金期だ!』

そう思ってた主人公はピカソヘミングウェイ、ダリ、、、その他にも所謂超有名芸術家たちと共にするパリの夜を謳歌する。

そしてピカソの愛人アドリアナ(めちゃめちゃモテる)にいい感じになるんだけど彼女は彼女で1890年代のパリが最も素晴らしい時代だと言って“今”を卑下する。

 

f:id:charan_poran:20190819013959j:image

 

そして主人公とアドリアナはその1890年代にタイムスリップして大盛り上がりのムーランルージュに。

そこにはアドリアナが心底憧れる当時のゴーギャンロートレックと出会って夢の1890年代を賞賛する。

 

f:id:charan_poran:20190819014750j:image

けれど当のゴーギャンたちは

『今の時代は最悪。ルネサンス期に生きたかった。』とまたまた現代批判。

結局いつの時代も昔に憧れちゃうよね。って言う話。

 

私もダリと結婚してヘンテコな夫婦生活を送りたいけどエアコンないし、ウーバーイーツできないし。

今でいいや。

だけど一度雨のパリを歩いてみたい、

ワイン飲んでムーランルージュでパンツ見せながら踊ってみたい。

私がパリに行けるのは2020年代だなぁ。

 

そんなこと考えてたら宮崎も雨が降ってきた。